BASE(ベイス)の特徴や機能まとめ

投稿日:2014年6月 4日

BASE(ベイス)の特徴

BASE(ベイス)は、初期費用/月額費用が「無料」です。
管理画面からアクセス数や売上履歴を簡単に確認・管理することができます。
決済方法は、クレジットカード決済以外にも代引や銀行振込が使えます。
※クレジットカード決済に関しましては決済毎にクレジットカード決済代行会社への手数料3.6%+40円がかかります。

BASE(ベイス)の機能

※この記事は2014年3月時点での調査内容を元に作成しており、最新の情報は 各ショッピングカートのサービス提供元にご確認くださるようお願いします。
なお、記載内容に間違いなどありましたら お問い合わせフォーム からお知らせいただきますと幸いです。

BASE(ベイス)の基本情報

ショッピングサイト名 BASE(ベイス)
URL https://thebase.in/
ご利用料金 無料
商品登録上限数 今のところ上限は設けていないとの事です(2014年3月現在)
[参考サイト]
デモで確認できる画面 デモ画面はありません。
無料のフリープランでアカウント登録しましょう。
BASE Appsにより追加できる機能はこちらから確認できます。
購入/決済
ポイント機能 ありません。
利用できる決済機能 Paypal決済、クレジットカード決済、銀行振り込み、代金引換決済が利用できます。
(クレジットカード決済・Paypal決済のみ決済ごとに購入された代金の3.6%+40円が手数料として差し引かれます。)[参考サイト]
定期購入機能 ありません。
運用
メールマガジンの配信機能 ありません。
HTMLメールのメールマガジン作成 できません。
GoogleAnalyticsの設置 BASE Appsを利用することで、設置可能です。
独自ドメインの使用 BASE Appsより、独自ドメインの設定が可能です。
[参考サイト]
リスティング広告のCVタグの設置 管理画面のBASEAppsから、Googleコンバージョンタグ設定、Yahoo!コンバージョンタグ設定が可能です。
[参考サイト]
サービス提供元のサポート体制 お問い合わせフォームのみです。
※BASEへのお問い合わせフォームは管理画面内にあります。
アフィリエイトの設定 できません。
店舗の開店/閉店状態の設定 管理画面の「 ショップ公開状況」から設定可能です
メールアドレス作成 できません。
ブログの作成 できません。
オンラインマニュアルや掲示板の有無 オンラインマニュアルはありませんが、オンラインヘルプがあります。
商品管理
カテゴリ機能 管理画面にあるBASE Appsの「 カテゴリ管理機能 」を追加すればカテゴリ機能が使えます。
この機能を使うと、ショップページにカテゴリというメニューが追加され、カテゴリ毎に商品を表示することが可能になります。
[参考サイト]
カテゴリ機能以外に商品をグループ化 できません。
複数カテゴリに商品登録 複数カテゴリへの商品登録可能です
カテゴリの階層 1階層
サブカテゴリはありません。
CSV登録 できません。
商品のレビュー機能 ありません。
レコメンド機能 ありません。
商品検索
標準で価格帯検索
フリーワード検索
カテゴリごとに検索
検索機能がありません。
スマートフォン対応
スマートフォンサイトへの対応 スマートフォンに対応しています。
トップページ、カテゴリページ、商品ページ
のデザインの変更範囲
テーマのほか、背景色、背景画像、文字色など、管理画面のデザイン編集で設定した内容が反映されます。
携帯(ガラケー)サイト対応
携帯サイトへの対応 対応していません。
PCサイト
カテゴリページの変更可能範囲 ページの編集はできません。
トップページの変更可能範囲
商品ページの変更可能範囲
管理画面のデザイン編集から、テーマ選択で設定したデザイン、背景画像や色、テキスト色の変更などができます。
フリーページ作成 できません。
購入フォームの変更可能範囲 テーマのデザイン、背景画像や色の変更ができます。
カラムの変更 管理画面から設定するテーマによって変わります。
制作に関する機能/仕様
headエリアにmetaタグやscript、CSSの挿入 できません。
FTPを使ったファイルのアップロード できません。
JavaScript使ったページの作成 使えません。
Flashを使ったページの作成 できません。
SEOに関するタグの設定 メタタグ keywords、descriptionの設定可能
備考 ・グーグルウェブマスターツールへの登録はできません。
・現在BASEではHTML、CSSの編集はできません。
[参考サイト]

BASE(ベイス)のメリット、デメリット

メリット

  • 無料でクレジットカード決済機能が使えます。
    (※決済毎にクレジットカード決済代行会社への手数料3.6%+40円がかかります)
  • 管理画面がシンプルで、初心者でも分かりやすいです。
  • アクセス数や売上履歴を簡単に確認・管理することが可能です。
  • 必要最低限の機能は揃っているので、少ない商品を販売する場合は無料プランで十分使えるレベルにあります。
  • BASE Appsより追加機能をインストールできます。
  • 商品撮影サービスを無料で利用できます(送料のみ負担)。

デメリット

  • ショップページに商品を検索するための検索窓/検索機能がありません( 管理画面には商品検索機能がついています )。
  • デザインの変更は、テーマから選択して背景色やリンク色の変更、ロゴ画像や背景画像の挿入ができますが、それ以上の細かい設定ができません。
  • HTMLやcssが直接編集できないので、デザインの自由度は低いです。

このカテゴリの他のコラム

【テンプレート付き】Webサイト発注者のためのワイヤーフレームの作り方-第2回・実践編

Webサイト構築をスムーズに進めるために欠かせないワイヤーフレーム(以下、ワイヤー)について、デザイナーではない人にもしっかり使えるものが作成できるよう、要点を押さえながら2回に分けて解説していきます。 第2回となる実践編では、以下の要素が確定しているものとして進んでいき...

掲載日:2016年2月 3日

失敗しないネットリサーチ会社の選び方

はじめに アンケート調査を実施したいと考えたとき、最初に検討するのはネットリサーチではないでしょうか。 ネットリサーチ会社は数多くあり、価格やサービス形態にさまざまな違いがあります。 本記事では、主要なネットリサーチ会社の、それぞれのサービスの特徴や価格、納期などの違い...

掲載日:2014年11月14日

ASP型ネットショップサービス 選定ガイド

ASP型ネットショップサービス、どれを選べばよい? 主要なASP型ネットショップサービスを、無料のものから、老舗サービスまで9つのサービスについて調査を行いました。 各サービスの所感と、詳細な調査結果ページヘのリンクを掲載していますので、ASP型EC...

掲載日:2014年6月 4日

新着コラム

【テンプレート付き】Webサイト発注者のためのワイヤーフレームの作り方-第2回・実践編

Webサイト構築をスムーズに進めるために欠かせないワイヤーフレーム(以下、ワイヤー)について、デザイナーではない人にもしっかり使えるものが作成できるよう、要点を押さえながら2回に分けて解説していきます。 第2回となる実践編では、以下の要素が確定しているものとして進んでいき...

掲載日:2016年2月 3日

【テンプレート付き】Webサイト発注者のためのワイヤーフレームの作り方-第1回・準備編

今回は、Webサイト構築をスムーズに進めるために欠かせないワイヤーフレームについて、デザイナーではない人にもしっかり使えるものが作成できるよう、要点を押さえながら2回に分けて解説していきます。 はじめに - ワイヤーフレームとは なんのために作る? ワイヤーフレーム(以...

掲載日:2016年2月 3日

失敗しないネットリサーチ会社の選び方

はじめに アンケート調査を実施したいと考えたとき、最初に検討するのはネットリサーチではないでしょうか。 ネットリサーチ会社は数多くあり、価格やサービス形態にさまざまな違いがあります。 本記事では、主要なネットリサーチ会社の、それぞれのサービスの特徴や価格、納期などの違い...

掲載日:2014年11月14日

ASP型ネットショップサービス 選定ガイド

ASP型ネットショップサービス、どれを選べばよい? 主要なASP型ネットショップサービスを、無料のものから、老舗サービスまで9つのサービスについて調査を行いました。 各サービスの所感と、詳細な調査結果ページヘのリンクを掲載していますので、ASP型EC...

掲載日:2014年6月 4日

BASE(ベイス)の特徴や機能まとめ

BASE(ベイス)の特徴 BASE(ベイス)は、初期費用/月額費用が「無料」です。 管理画面からアクセス数や売上履歴を簡単に確認・管理することができます。 決済方法は、クレジットカード決済以外にも代引や銀行振込が使えます。 ※クレジットカード決済に関...

掲載日:2014年6月 4日

コラム一覧

  • お見積もりはこちら
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
お電話でのお問い合わせはこちら TEL 03-6416-1058 受付時間 10:00~17:00(土・日・祝日を除く)
このページの上部へ